エネルギー合理化事業者支援補助金の活用支援コンサルティング受付中です。

今年度はエネルギー合理化の補助金の公募が1回で終わってしまっていた。

昨年度は4次募集まであったのに、

それはなぜか、

消費税値上げ前の駆け込み需要で、6月の1次公募に3000件以上の申請があったため、

採択数が1400件にもなり、予算を消化してしまったと思われる。

 

この補助金は、年々予算も増えて、申請件数も多くなっていた。

特に連鎖化事業者(チェーンストアー)が同時に多くの店舗でLED照明への更新という内容で採択されていた。

書類作成は大変な作業であるが、採択率は高かった。

 

しかし、今年度は採択率が50%を下回り、なおかつ社会福祉法人の採択案件が極端に少なくなった。

 

そんな中で、補正予算が組まれ、エネルギー合理化が来年1月に公募されることが決まった。

 

まだ細かいルールである公募要項などは発表されていない。

例年、公募が始まってから説明会が開催される(最近は、東京、名古屋、大阪、福岡で広島は飛ばされてしまう)

 

毎年決まって同じ時期だと、景気対策としての追加的な投資は見込まれないので、

補助金は突然出すのが本来かもしれない。

やるつもりのなかった企業が設備投資することが重要だから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。