どんな会社でも補助金とれますって話はどうかと思うよ

今日は
私が毎日ブログを始める
きっかけを作ってくれた

板坂祐治郎氏の
年末のビックイベント

e5e8b86474e75c680bcaee9aeb79a2b3-800x342

http://tai-gee.com/blog/2334

に参加してきた。

このイベントは
どん底から復活した経営者が
その過酷な
体験談を発表する場だ。

自分も
会社を創業して
非常に厳しい時期を過ごし

仕事を公共事業から
民間のコンサルタントに転換し

ストレスから体を壊し
地獄の三丁目まで行ってきた
経験があるので、

講演者の生の話を聞いて

一生懸命やることの
素晴らしさに感動した。

img_3539

私は会社のスタッフと
力を合わせて全力で取り組んで
喜びを分かち合うことを
理想としている。

でもいつ喜んで
いいかわからないんだよね。

補助金申請の仕事は
採択されてからも事業完了まで
気を抜くことはがきないし、

毎年毎年が勝負なので
いつまでたっても

楽勝にはならない。

それでも、
真摯に取り組むことで
信用を積み上げ

地元の評判や
口コミで仕事を貰える機会が
段々と増えつつある。

ところで、

今の時期は、
省エネ関連の補助金の公募が
ないため、

小規模持続化や
ものづくり補助金を

手伝っているが

クリーンテクノロジーは
不特定多数を対象に
営業している業者とは違う

実は(省エネ以外は)
私の交友関係のみを
対象としている。

それは、
そんなに多くはできい
という理由もあるが

相手の人柄や
仕事の内容を知っていなければ
事業計画書なんて

簡単に書くことができない。

2時間ぐらいのヒアリングで
申請書が書けますよって
いうコンサルはどうかと思うよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。