狂った都市計画 大型ショッピングセンターの乱立?

地方都市の代表広島市は

ここ数年の間に、
大きく変わろうとしている。

駅前に超高層の複合ビルが建ち

軌道交通の中心である
広島駅を中心とした街になる。

おそらく、
ビジネスの中心は
広島駅前に移る。

駅の南口は、
ビジネス街の近くには、
歩いていける歓楽街があるという条件を
ぎりぎり満たします。

一方で、
郊外型の大型ショッピングセンターが
次々とできている。

ここ数年で、広島市内にも
イズミのゆめタウンが続々とできた。

昨年も廿日市市に、
西日本最大級のゆめタウンができた。

20140110izumi

その中には飲食店が50近くある。

周辺のお店は、
突然閑古鳥が鳴いて撃沈状態かもしれない。

すぐ隣にあった回転すし店は、
瞬く間に閉店に追い込まれた。

廿日市の都市計画には
駅前商店街の活性化と書いているけど、

そんなこたーない。

そして、

広島市のサイトにある

出店計画書の提出状況

http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1243314742112/index.html

によると、

(仮称)ゆめタウン商工センター

の計画書が記載されている。

なんと

延床面積 127,989 ㎡

駐車場の台数は

3,170 台

開店は今年の11月になるようだ。

ところが、

この場所は

izumi

前述した廿日市市のゆめタウンから

直線5km

普通なら、結構な距離だが、

ココは一直線のバイパスが通るため、

時間にして、10分ちょいで着く。

グレージーだ。

この中間地点には
広島市が最初に手掛けた
大型ショッピングセンター

アルパークが存在する。

ココはJRの駅を新設し、
駅から動く歩道で直結させた施設だ。

広島市も廿日市市も
別々で都市計画を作っているのだと思う。

それにしても、誰もが

このままいけば、地獄じゃないか

と思っている。

実は、以前ブログで書いて

大反響を頂いた石内東のイオンの撤退の噂

多くの方からお叱りを受けた。

(記事は現在非公開)

しかし、
着工時期は公式には発表されていない。

当然、前記した広島市のサイトにも

届け出が出ていない。

それでも、

広電の筋の情報では

やる

と言っているらしい。

このままでは、

中国地方の人間を
根こそぎ広島に持ってこないと

大型SCは潰れてしまうぜ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。