オンラインビジネスを教えます広島市テレワーク等ICT環境整備支援事業

広島市がオンライン商談を進めるための補助事業を実施する。

この事業は広島市のホームページの中の新型コロナウイルス感染症に関する情報 の中にあるため、とても分かりにくい。

新型コロナにより、既存の取引のある企業間であっても、訪問して打合せすることは難しくなっている。

世の中には、10年以上前からメールやチャット、ビデオ会議システムという仕組みはあったけれど、

やっぱり直接会って話をしないとダメだ

という人がほとんどで、電話やメールでは商談ができないという暗黙のルールが存在した。

そのため、時間をかけて客先に伺うというのが「営業マンの正しい姿勢」という認識だった。

ところが、

オンライン商談がスタンダードになった。

新型コロナがビジネスルールを変えた。

打ち合わせのために、客先に出張することも必要なくなり、時間的な効率が今までとは桁違いになった。

今まで、営業活動などの仕事上で、移動にかかる時間は相当な割合を占めていたと思う。これがなくなった。もちろん、JRや飛行機、高速道路などの利用もほとんどなくなった。

今でも広島県では、「県外への移動は自粛しましょう」と看板が出ている。

広島市は、このオンライン商談ができなくて困っている企業に対して、補助金を出して支援する。また、支援を担当するコンサルタント会社も広島市内から募集している。

グリーンテクノロジーは、もう10近く前から社内ではオンラインでミーティングしていたし、リモートワークも取り入れてきた。

はっきり言って、できない会社はソフトウェアやハードウエアの整備よりも、ビジネスを変革し、新しいやり方を覚えようというマインドが不足している。

だから、IT技術よりも、従業員の意識を変えることが重要な支援活動になると思う。

グリーンテクノロジーもICTサポーターに応募しますので、オンラインビジネに取り組む意思のある経営者の方からのご連絡をお待ちしております。

今回は広島市から4/5の補助金(上限100万円)が出ます。

広島市のビジネスマッチングが成功することを期待します。

参考
https://www.city.hiroshima.lg.jp/site/korona/175044.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。