CO2削減ポテンシャル診断ならグリーンテクノロジー

平成30年度
二酸化炭素排出抑制対策
事業費等補助金

(CO2削減ポテンシャル診断推進事業のうち
CO2削減ポテンシャル診断事業)

診断機関 公募

グリーンテクノロジーは今年度も
診断機関に応募するつもりである。

CO2ポテンシャル診断とは

受診事業者
=CO2削減ポテンシャル診断を希望する者

に対して
ヒアリングや現地調査により

どんな対策を行えば
どれだけのCO2が削減できるか

を提示する調査。

昨年までは

既存資料だけで
診断する50万円のコース

現地で計測器による
エネルギーデータの収集を行う
100万円のコース

の二つが存在した。

しかし今年は

本年度の診断事業は、
原則、計測を実施していただきます。

となり、これは

機器導入補助金への
参加資格狙いの形だけの診断 

を排除したのだと思われる。

100件以上やったとこもあるらしいですから

我々グリーンテクノロジーは

環境情報の見える化技術

がキーテクノロジーなので

これまでも、
計測付きの診断しかしてこなかったので
全く影響はない。

本事業のスケジュールは

となっていて、

低炭素機器導入事業
=設備導入によるハードの補助金

を狙う場合は
8月末までに診断を終わる必要がある。

もちろん、
昨年診断をされた事業者も
ハードの補助金にチャレンジ可能だ。

昨年は、
診断の採択が遅れて

実質の診断期間が
10月から12月の二か月

殺人的なスケジュール

となってしまった。

そのため
今年は早めに動きたいと思っている。

毎年春先に補助金が公募されるが

省エネ補助金は
公募が始まってから検討していては間に合わない

前年度から詳細な調査を行って計画を立てるべきだ。

なお、この診断事業は
上限100万円の定額補助となっていて

診断を希望される事業者は

グリーンテクノロジーまでご連絡いただくと
消費税相当分の負担だけで
CO2削減のための
調査と分析を実施し計画立案を行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。