環境問題を解決する経済的手法

地球温暖化の問題で、国がCO2排出量削減と唱えてみても、

企業が積極的に環境問題に取り組むことは難しい。

あのパナソニックでさえ、経営状態が悪化したらエコという看板を下げてしまった。(現に「eco ideas」のバッチがなくなった)

まして、日々競争にされられている中小企業は、CSRまでの余裕はない。
しかし、燃料が上がる、電気料金が上がる、ガス代が上がる、ならば、コストが上がる。

そうなると、すべての企業にとって死活問題である。

中小企業にとってはエコや環境というよりも、エネルギーコストを抑えることが
経営課題に直結している。

温室効果ガスを削減するために、京都議定書や排出量取引が考え出され、

CO2クレジットなるものの売買いが存在する。

これも経済的手法である。

電気代や燃料代が高騰することが、

 

企業を環境への取り組みへ向かわせる。

 

行動を変えるのは規制、経済、意識である。

エコイノベーション広島はターゲット不明のイベント名に問題あり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。