小規模事業者持続化補助金 誰もが入る落とし穴

病気からの
本格的な復活のために
ブログ仲間の陽一君の

コンディショニングスタジオ コア×コア
http://cs-corecore.com/index.html

にトレーニングに行ってきた。

やったことは
丸太のようなマットに寝転がって、
バランスを取るだけなんだが
そこそこ筋肉痛になっている。

さて、
本日も引き続き

小規模事業者持続化補助金

の話。

今回は、
補助事業で誰もが陥る

落とし穴

についてお話する。

公募要領には
申請書のサンプルとして
記入事例が示してある。

しかし、
これと同じレベルの
申請書を提出したら。

間違いなく落選

この補助金も
今年で4回目

補助率が2/3とボーナス設定のため、
毎年申請が増え続け、
競争率が上がっている。

既に、
サンプルのレベルでは当確にならない。

少なくとも、
図や写真をふんだんに盛り込んだ
商品サービスの強味や
市場分析を書かなければ、
最初から見劣りがしてしまう。

この写真の内容が最大のコツ
知りたい人はコメントにどうぞ

審査員が読んで
分かりにくいものは、ダメだ。

革新的で、
誰も考え付かない
マーケティング方法を書いても

審査員が理解して、
納得してくれなければ

残念な結果になる。

また小規模事業者が
日本全国のすべての人を相手に
商売することにもムリがある。

わかりやすいこと

市場の
ターゲットを絞ること

この二つがポイントだ。

また、サンプルには
経費明細表の記入例がある。

%e5%b0%8f%e8%a6%8f%e6%a8%a1%e7%94%b3%e8%ab%8b%e6%9b%b803

これを参考にすると
とんでもないことになる。

お買い物ゲーム
じゃないんだから

こまごまとしたものを
書いていると

後々の報告書がおおごとになる。

全ての経費は領収書が必要で、
モノによっては、
3社見積もりも要求される。

当初の予算と相違があれば
その説明のための資料も必要になる。

小規模事業者と言えども

本業と関係ない
オフコアの作業は
外注費に計上すべき。

そうしないとDMの発送や
パンフレットの用紙の調達まで
自分でやる羽目になりますよ。

 

One thought on “小規模事業者持続化補助金 誰もが入る落とし穴

  1. 沖田健治

    森下社長
    『この写真の内容が最大のコツ。知りたい人はコメントにどうぞ』 とのことですので、遠慮なくコメントさせて頂きました!こっそり教えて下さいませ!   ブログと社長の大ファンでもある図々しい名古屋人より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。