IT導入補助金で要件を満たすためのポジショニング

サッカーのポジションをご存じだろうか?

今ではトップ下とかボランチとか
新しい言い方もあるけど、

基本は

フォワード、ハーフ、バック

の三つだ。

実は、IT業界でも
企業が使うソフトウェアは
三つのポジションに分けられている。

それが、

フロント、ミドル、バックオフィス

今回のIT導入補助金は
この各役割の二つ以上を組み合わせて
購入しなければならない。

・IT ツール(ソフトウエア、サービス等)、別表 1 に掲げる「コア機能」のうち、フ ロント業務、ミドル業務バックオフィス業務のうち、原則として、2 つ以上のコア 機能を有していれば、登録要件を満たす。

要件を満たせば
CADなどの技術系のソフトも
生産性の向上を目的に
補助対象に追加することができる。

初めて行われる補助金事業なので
事務局もバタバタの状態だと思われ
毎日、
新しい情報がサイトに上がる。

昨日スケジュールが公開された。

中小・小規模企業の場合は、
ソフトウェアの使い方の指導がなければ
使いこなすことができない場合がほとんど、

今回の補助対象に
ソフトやサービスの導入費用とあるが
サービスにコンサルティングや
指導料が含まれるのかどうか
気になるところだ。

実は、
今から東京に移動して、
明日は、

経済産業省の省エネルギー対策課
ビジネス省エネ検定の創設に関するプレゼン

に伺う予定だ。

民生業務部門に特化した
省エネの知識を体系化した検定制度を
新しく作ろうというプロジェクトだ。

環境ビジネスの活性化には
ユーザー側の教育も重要だ

今後の展開をお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。