環境省からCO2ダイエットプログラムをパクられた件

連日、エネ合の相談が舞い込んできて、

今、打合せしている案件が
何だったのかさえ
わからなくなりそうな状態です。

それは冗談ですが。

環境省は

環境経営体制構築支援事業

http://www.env.go.jp/press/102585.html

を行う。

環境省では、
中小事業者に環境経営の専門家を派遣して
環境経営体制の構築支援を行う

「中小事業者による
排出量算定・排出量削減のための
環境経営体制構築支援事業」

を実施することとしており、
本事業の執行団体である一般財団法人 持続性推進機構が、
当該補助金の公募を開始しますので、お知らせします。

また、初めて聞くような執行団体だ。

補助の内容としては、
無料で省エネの指導が受けられる
というコトだ。

エコアクション21の審査人の中から選ばれた、
省エネに関する知見やノウハウを持つ
環境経営の専門家(支援相談人)が、

事業所等へ直接伺い、
5回の取組支援を行います。

取組にあたっては、
環境省が策定した
「エコアクション21 CO2削減プログラムの手引き(2016年度版)」
に従い、支援相談人と一緒に進めていただきます。

参加いただく各事業者の状況に応じた方法を相談していただき、
効果的かつ効率的に環境経営に取り組むことができます。

これは、
弊社が6年前からやっている
CO2ダイエットプログラム
とそっくりじゃないか。

 ダイエットプログラム

ただし、
グリーンテクノロジーは
CO2排出量の検証のために、
実際に計測器で電力量を計測して、

エネルギーを見える化して
対策を検討するという。

素人にはできない。
ワークショップを行っている。

環境省は、
手を挙げた企業に
無料でこのサービスを行う。

すでに、
省エネワークショップの経験が豊富な
我々が苦言を呈するなら、

これは、従業員の方の協力を得ることが
非常に難しいことだ。

それぞれ、本業をお持ちでしょうから。

 実際のことろ、
5回も参加してもらえるのは奇跡だ。

自分でお金を出しても、そうなんだから、
タダならそのありがたみも半減だろう。

この事業は、取得企業の増えない
エコアクション21の審査人に
仕事を作ろうとする意図が見え見えだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。