国の補助金政策がベンチャー企業をつぶす

以前からBEMSアグリゲーターを批判してきた。BEMSとはビルエネルギーマネジメントシステムである。

 

国の補助金政策には、マンションや一戸建て向けにMEMSやHEMSのアグリゲーターを支援する制度もある。

 

これらは、購入者に1/3のお金をプレゼントするものであるが、あらかじめ国の審査を通過した業者の製品だけが対象になる。

 

補助金制度は、経済性を考慮して、市場に乗らない技術にお金を出すことが建前である。

あくまでも、新市場の立ち上げが目的である。

でも、霞が関のお役人に言いたい。

もう補助金は必要ない。

一般の人が買える金額の「エネルギー見える化」システムができました。

 

写真をよく見てほしい。

 

これは、我が社のオフィスのエアコンだけの電力量である。

立ち上げの最大値は6,000wh、消していても待機電力で120w。

詳細は今後、報告していくが、このシステムはすべてを塗り替える力を持っている。

しかも、グローバルに。

これをもってさっそくフィリピンに行こうぜ。中村さーん。

電気代の高騰に怒るすべての人に「節約メーター」を届けます。

20130626R0010378

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。