広島にほしい 地域再エネ水素ステーション導入事業

私は、排気ガスが水だけ、
という水素自動車に憧れる。

水素toyotaン

福岡は、九州大学が全力で研究しているため、
伊都を含めて複数のステーションがある。

昨年学会で母校を訪れたとき、
新しいキャンパスのガレージにトヨタのミライが置いてあった。

水素自動車は連続で、650km~700kmぐらい走れる。

しかし、
水素ステーション

残念ながら、
広島に水素ステーションがない。

福岡で給水?しても、
広島まで行くと帰るまでに、水欠になってしまう。

そのため、私は購入を断念した。

でも、水素自動車は走るだけじゃない。

新しいホンダの水素自動車は、
10kwぐらいの発電もできるそうだ。

水素ホンダ

クラリティを自宅に置くと、
1週間くらい、発電した電気だけで生活できる。

そうなると、
オフグリッドで電力会社が不要な家もあり得る。

 

水素自動車は、

今までの生活を一変させるくらいの
インパクトがある。

エネルギーの本命は、水素と言い切る人もいる。

なのに、

広島県は水素ステーションの空白地帯である。

地元のメーカーが違う方向に行って
絶好調ということもあるかもしれない。

しかし、早晩レシプロエンジンの時代は終わる。

中国地方の交通の要所である
尾道に水素ステーションを作ったらいかがだろうか?

弊社は尾道の某工業団地の
エネルギー計画を請け負っているので
提案してみようと思っている。

なぜなら、福岡から大阪まで行く人も
心配で寄り道ができないじゃないですか?

環境省のサイトによると、

地域再エネ水素ステーション導入事業の2次公募を行う。
http://www.env.go.jp/press/102505.html

(1)補助対象事業者
補助対象者は、地方公共団体、民間団体及びその他の法人とします。
(2)補助対象事業
再生可能エネルギー由来の水素ステーションを導入する事業
(3)補助対象経費
補助対象となる再生可能エネルギー由来の水素ステーションの設置費用の3/4(補助金交付額の上限は1基当たり1.2億円(ただし、水素製造能力が1日あたり30立方メートル以上であり、かつ、構内で使用する産業用車両の水素供給設備に限り2億円))
2.補助事業の選定
(1)一般公募を行い、選定します。
(2)応募者より提出された実施計画書等を基に厳正に審査を行い、平成28年度に事業を実施する補助事業者を選定し、予算の範囲内において補助金の交付を決定(内示)します(応募の先着順ではありません。)。
3.公募期間
平成28年5月16日(月)~平成28年6月16日(木)(当日消印有効)

水素ステーションの最大の課題は
イニシャルコストが高いことである。

充填圧力が70MPaの場合、オフサイト方式で4~5億円、
オンサイト方式では6億円前後といわれている。

オフサイト方式は、
他の場所で作った水素をトレーラーで運んでくる。

仮に建設費が4億円の場合は、
最低でも2億以上の自己資金が必要になる。

尾道は、山陰、四国に繋がる
交通の要所である。

実現すれば、
私が広島県で、第一号の水素自動車オーナーになりたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。