地方の中小企業こそ、海外ビジネス戦略推進支援事業(F/S支援を含む)の公募

昨日は、
叔父さんの四十九日の納骨で、
佐賀のお寺に行ってきた。

そこには、
母方の祖父の墓があり、
叔父さんもそこに入る。

祖父は、
大東亜戦争で戦死している。
戦地はレイテ島であったため、
もちろん、骨はない。

少し時間もあったので、
周りのお墓に彫ってある
文字を読んでいた。

ひときわ大きな古い墓があり、
石版を読むと、

副島家の墓

佐賀では名門だと思います。

明治37年戦死とある。

後で調べてみると、
明治37年は1904年、
日露戦争の年だ。

私は、
数年前にNHKの
「坂の上の雲」
のドラマを見て、
中国の大連から二百三高地にも
行ったことがある。

日露戦争で戦った人が、
目の前にいるような気がして、
非常に感慨深かった。

ほんの100年前の日本は
国の最大の仕事は戦争、
そして、
軍人がアジアを駆け巡っていた。

今でも国には、
防衛という仕事はあるが、
海外で戦争を仕掛けることは
ありえない。

現在の国の最大の仕事は、

経済の活性化。

そのためには、

世界を市場とする企業、
世界で活躍するビジネスマンが
必須である。

地方においては、
国内市場は衰退しつつあり、
その市場が世界に向いている
企業こそが、
日本の富を稼いでいる。

国も自治体も
地方のグローバル企業を支援する
補助金や施策を次々と打ち出している。

そのチャンスをゲットするのは、

少しの資金と行動力だ。

前置きが長くなったが、

スクリーンショット 2016-05-08 11.57.54

平成28年4月27日(水曜)~
平成28年5月31日(火曜)必着

「海外ビジネス戦略推進支援事業」では、
海外市場に活路を見出そうとする中小企業・小規模事業者の
海外展開に向けた戦略策定や販路開拓につなげるため、
F/S(実現可能性調査)支援に加え、
Webサイトの外国語化等を支援します。

補助対象経費

市場調査費、翻訳・通訳費、旅費、
海外取引実施を目的としたWeb作成費用

補助率

補助対象経費の3分の2

対象経費上限

・補助対象経費額 210万円
・補助限度額 140万円(補助対象経費額の3分の2)

http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/fs/069550.html

海外市場に売れる
商品や技術を持つ中小企業は
ぜひチャレンジしたい。

とりあえず、

4ヶ国語ぐらいの

ホームページだけでも、
作ってもらおう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。