オバマ大統領が平和記念公園に来た意味は

昨日は、高校のサッカー部のOB会があり、
博多にいた。

オバマ大統領の来広はテレビで見ていた。

広島にいてもテレビで見るしかなかったけど、

昨年6月までの8年間、
私の会社は平和記念公園前の中島町にあった。

窓からは、平和大通りの並木が見えて、
会社を出て横断歩道を渡ると公園だった。

昼時は、公園を歩いて、
ランチに出かけていた。

3年前の手術のあとは、
歩くのも困難な状態だったので、
リハビリのため、
毎日、公園の内を散歩していた。

アーチの前では世界平和を祈りながら、
自分の復活もお願いしてた。

その場所に、
オバマ大統領がいることに感動した。

世界を一瞬で消滅できる、
核のボタンを押す権限のある人が、
原爆資料館を見る意味は大きい。

核の破壊力、
そして元に戻すことのできない時間。

平和記念公園のある中島町は、
広島市の中心部にある中之島で、
T字型の相生橋で繋がっている。

当時は、
広島経済の中心地で
一番の繁華街だったと聞く。

そのT字が原爆投下の目標となった。

ヒロシマの後

世界の主要国が核武装し、
戦争ができなくなった。

人類が核の恐怖を知ったことが、
戦争への抑止力を高めていることは
間違いないだろう。

世界から核はなくならない。

しかし、
70年前に国家の存亡を賭けて戦った国である、
日本の総理と米国の大統領がともに、
ヒロシマの地を訪ね
祈りを捧げたことは大きな意味がある。

相手を思いやる心がなければ、
人間じゃない。

今、人類は、
温室効果ガスによる気候変動という、
世界共通の課題を抱えている。

地球温暖化は、
あとから反省して救われるものじゃない。

願わくば、
次期大統領にもパリ協定から離脱することなく、
人類共通の課題に向かい合ってほしい。

スクリーンショット 2016-05-28 11.02.58

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。