低炭素機器導入事業はCO2削減ポテンシャル診断のオマケ

環境省の

CO2削減ポテンシャル診断

には診断後に

10%以上の

二酸化炭素の削減が可能な場合は、
設備導入に係るお金にも補助金が出る。

低炭素機器導入事業

ポテンシャル03

エネルギー10%ではないので、
注意が必要です。

この事業はソフトの支援だけでなく、
ハードも支援するのだ。

ハード補助の部分は、
エネルギー合理化の補助金とほとんど同じ。

こうなると時期が問題じゃね

ただし、
補助率や上限は全く異なっている。

LED照明の導入については、
こちらの方が若干有利になっている。

特に中小企業については、
補助率1/2と高設定だ。

補助金の交付額

補助対象経費の3分の1、
中小企業は2分の1。上限3,000万円。
ただし、LED照明機器導入は上限1,500万円。

申請要件は
のCO₂削減ポテンシャル診断を受診していること
になるが、これからでも二次募集には間に合う。

とても、魅力的な制度である。

ポテンシャル

しかし、
如何せん。

環境省の事業は予算がショボイ。

ソフト支援とハード支援で

合わせて16億。

全国で20件ぐらいしか
採択されないだろう。

こんなんだと、

公募要件を
読んでること自体が虚しくなる。

制度設計は素晴らしい。

今後の予算拡大に
期待するしかない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。