SIIの中小企業等の省エネ・生産性革命投資促進事業費補助金ついに4次公募スタート

経済産業省の平成27年度補正予算
SIIが執行機関になっている

中小企業等の省エネ・
生産性革命投資促進事業費補助金
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-01-14-33-42

の4次公募が、
昨日発表になった。

3次公募でも
予算を消化しきれなかった
ようで、

とうとう4次公募だ。

従来の
材工(機材と工事費)の 1/3
の補助金でなく、

材(機材)だけの
補助金にグレードダウンしたため、

当初から、人気がなく
2次公募から、
次第に条件や適用設備が
広げられてきた。

今回は、

なんと

建て替え・移転後の
新たな事業所へ設備導入する場合
も申請が可能となった。

ここから、
経営の話で少し複雑になるけど

グリーンテクノロジーは、
ある食品加工工場と
顧問契約していただいている。

そこは、40年以上の歴史があり、
広島市内の市街地に工場がある。

ただし、
土地と建物を
旧オーナーが所有している。

会社自体(従業員も)は
事業譲渡で
別会社に生まれ変わっている
にもかかわらず、

毎月、
高額な家賃を、
旧オーナー家に払い続けている。

売り上げ自体は好調であるが、
工場の設備も古いまま、
エネルギーコストが大きく、

何と言っても、

家賃の負担が大きく、
収益を圧迫している。

そこで、
金融機関からの融資を受け、
新しい場所に工場を移設する
計画が進行中である。

今回の補助金が、
この会社に一部でも適用できるなら、
会社が生き返る手助けができるだろう。

国の補助金は
猫の目のように
ルールが変わる。

特に
補正予算に継続性はない

常に釣り人の気持ちで、
チャンスを待ち、
ここぞというときにチャレンジ
しなければならない。

我々は、
自力での補助金申請ができない
中小零細企業と顧問契約をしている。

顧問料や報酬は、
すべて
補助金採択後の成功報酬
でいただいている。

すぐに
成果がでないこともあるが、
必ずチャンスはある。

肝心なことは、
つねに情報収集を
欠かさないことだろう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-01-14-33-27
今回は、
いままで、
なかなか補助金の出なかった

エアコンの買い替え

がベストだ、
来年は
どう変わるかわからないので、
やるなら、
今でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。