エアコン冷凍冷蔵庫の代替フロンはいつまでも使えない訳

昨日は、
サッカー日本代表の世代交代と
LED照明について書いたが、

実は、省エネ業界では、
もうひとつの大きな世代交代が
行われようとしている。

それは、
エアコンや冷凍冷蔵庫に
使われる冷媒だ。

冷媒に使われるガスは、
昔はフロンガス(安定しているから)が
使われていた。

しかし、
その性質から地球のオゾン層を
破壊してしまうため、
1995年に生産が禁止された。

そのため、
代替フロンと呼ばれるガスが
使われるようになった。

ところが、
この代替フロンは、
地球温暖化の原因となる
温室効果ガスの強さを表す

温室効果が
CO2の1万倍近くあるため、
これも

2020年に
全廃される予定。

%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%b3%e5%af%be%e7%ad%96

だから、
今使っている代替フロンを
利用したエアコンや冷凍冷蔵庫は
いつまでも使えるわけじゃない。

環境省は
規制するだけじゃなく、
そのための補助金も出している。

ゆわゆる飴とムチの施策

ムチだけ受けると
痛いだけになるので、
しっかり飴を頂こう。

先進技術を利用した
省エネ型自然冷媒
機器普及促進事業

この事業は
H28年度も行われたが、
なんと3次公募は
新規のコンビニだけが対象。

%e6%97%a5%e6%9c%ac%e5%86%b7%e5%aa%92
今の日本の小売りで
独り勝ちのコンビニだけに
補助金を出すとは
やっぱり補助金は強い企業のため
と思ってしまうところだが、

今回の2次補正で、
環境省が省エネ関連の
予算で追加した。

%e7%92%b0%e5%a2%83%e7%9c%81%e4%ba%8c%e6%ac%a1%e8%a3%9c%e6%ad%a3

冷凍冷蔵庫は、
相当な設備投資になるので、
なかなか更新に踏み切れないが、
既に15年以上
経過している機械は、
エネルギー効率も相当落ちている。

このチャンスを
逃す手はない。

補正の補助金はスピード勝負

冷凍冷蔵設備の新設・更新を
お考えの方は、

メーカーに見積を取る前に、
冷媒のことは絶対に
聞いておいてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。