新型コロナウイルス対応ものづくり補助金の特別枠とは

先日、ものづくり補助金の一次公募に応募された方から

もし採択されたら、

補助率は1/2なんですかね?

と聞かれたけれど、本日、説明が追加され

今度の「ものづくり補助金」は単純に補助率が2/3になるのではなく、特別枠が設定されるだけ

補助率が1/2→2/3

1次締切の採択を辞退すれば 2次締切に申請可能

一次公募で採択されても、二次公募で採択されるとは限らないので、まさにクイズミリオネア、一次公募で採択されても、今持ってる権利を捨てて次にチャレンジしなければならない。

コロナウイルスの緊急事態宣言で、外出禁止になり、人々の生活は一変した。
これから、どんな社会が来るのかは、誰にもわからない。

なのに

審査項目の、市場ニーズの有無とかわかるわけないじゃないか。

応募期間は、既に始まっていて、締め切りは5/20日
採択は6月末となっている。

コロナで、仕事が無くて暇な事業者は
この補助金にチャレンジしてみたらいかがだろうか?

一般的に、補助金の審査の大前提は、会社の経営状態。

これから、数ヶ月の外出自粛社会に耐えられる事業所でなければならない。

この補助金申請は、技術面だけでなく、事業計画等も必要になります。

ご検討の方は、こちらに
https://www.green2050.co.jp/


参照
ものづくり補助金総合サイト

http://portal.monodukuri-hojo.jp/about.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。