新型コロナウイルスで儲かったビジネスは?

新型コロナウイルス不況で、今まで気づかなかったことが分かった。

スーパーマーケットは激安ショップやドラッグ、コンビニの進出で、過当競争になり、経営が厳しくなってきた。

と誰もが考えていた。しかし、新聞には

<新型コロナ>小売り売上高に明暗 百貨店、過去最悪/スーパー、好調


スーパーの業界三団体が二十四日発表した二月の既存店売上高は5・5%増と十六カ月ぶりのプラス。

人々が会食を控え、外食をしなくなった。

それでも、人間が食べる回数が減るわけじゃないので、在宅のために食材を買う。それも、ロックダウンを恐れて数日分を買いだめする。

外食産業が壊滅的な一方、スーパーや宅配業者は好調な様だ。

百貨店でも食品売り場だけは、忙しいらしい(byそごうの店員さん)

そして

マスク売り場は、早朝から長蛇の列。

恐らく、日本でも医療機関などに優先的に販売され、政府や行政機関が大量に確保していると思われるけれど、誰かが大量確保すれば、するほど、市中に出回るのは僅か。

日本の現代社会に、こんな風景が見られるようになるとは驚愕だ。

しばらく前は、高額な価格で転売されていたけれども、マスクの転売は禁止され、罰則も定められた。(購入価格より高く売るのは禁止)

そんなこともあってか、

オークションサイトでは、手作りのマスクが一枚500円以上で販売されている。

自分も手作りマスクに挑戦しました

マスクはコロナ前には、花粉症の人ぐらいしか常用していなかった。
それが、世界中で必要になり、もはや日用品の必需品となった。

アルコール等の除菌スプレーも売り切れだ。

新型コロナウイルスで儲かったビジネスは?

不謹慎だが、医療関係従事者が一番

次は、マスクなどの除菌系のグッズを売る人

そして、在宅で食事をするための食材を売るビジネス

政府は3密を避けろとキャンペーンをしている。
これからは、

非接触

がビジネスのキーワードになるだろう。

そして、非常事態宣言で日本国内に感染者が収まっっても、
海外への渡航も、海外からの来日もしばらくは制限されるだろう。

SNSではコロナに負けるなと言った表現が見られるけど、
これは、戦って勝てることじゃない。

コロナを避けて、戦わないビジネスをすべきだろう。

グリーンテクノロジーは
コロナウイルスと戦わない事業者のために、設備投資の補助金申請を支援しています。申請に係る手続き、資料作成を代行します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。