SDGsに認証制度はない、ニセ認証機関に騙されるな。

つい先日、熊本県がSDGs登録制度というものを設立したというニュースが流れた。

SDGsロゴマーク

いかにも、ISOのような認証機関があって、そこで認証されたことを登録するのかと思われるかもしれないけれど、SDGsは認証制度ではなく、したがって審査員もいない。

横浜市SDGs認証制度がスタート

~認証基準を公開しました~~

https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/press/ondan/2020/0828ninnshou.files/20200828ninnshou.pdf

横浜市の認証制度も変な話である。
認証とは第三者がすること、セルフチェックなら認証ではない。

SDGsはたんなる、

国連が掲げるスローガン

したがって、高いお金を出して認証機関に審査してもらうとか、認証を取るためにコンサルタントに依頼するとかという仕組みもない。

いまのところ、SDGsをネタに飯を食うことはできないのである。

それでも、SDGsのことを教える教育ビジネスは存在する。

SDGsに取り組むのに、お金は必要ないし、認証とか○とか☓とかいう話はない。

例えて言うなら

SDGsは現代社会の聖書

となっていて、ここに書いてあることは良い行いである。
という信者が世界中にいて、日本政府もその教義に従っているのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。