環境省 SBT「スコープ3」温室効果ガス排出の算定で「一次データ」求める、何が必要か

環境省は、SBTのガイドラインにおいて、スコープ3の算定方法について、これまでの原単位法から、実測値を使った計算方法を推奨するという話だ。

環境省は2024年3月をめどに、企業や組織の温室効果ガス(GHG)の排出量のうち「スコープ3」(間接排出)について、「一次データ」(実測値)を使った算定方法の方針を示すことが明らかになった。これまで国内では売上高や取引高と業種平均(産業連関表ベース)の排出係数を基にした推計値によってスコープ3を算定していた。これを一次データに切り替えることで、企業は規模や業種を問わず、「真の脱炭素」を求められることになる。(オルタナS編集長=池田 真隆)

Yahoo!ニュース

私は、学生時代からGHG(温室効果ガス)の計算方法について研究しており、社会資本整備に関するLCAの計算をテーマにしていた。建設関連の部材のそれぞれのCO2排出量は直接計算できないので、原単位法というのは産業連関表から、各分野ごとの取引を加味してその分野の単価あたりのCO2排出量(原単位)を計算する方法である。その原単位に金額ベースまたは重さ単位の数値(活動量)を乗じて全体のCO2排出量を求めるのである。

しかし、この方法では個別の企業ごと製品ごとのCO2削減の取り組みや効果を加味することができないので、業界全体の平均値の改善がなければ、数値を改善することができない。

当然、目標達成のためのKPI(業績管理評価のための重要な指標)には使えない。

理想的には、すべてのプロダクツを生産した工場のエネルギー消費量から製品ごとのCO2排出量を実測する方が良い。しかしそのためには、膨大なデータ収集作業や計測器の設置が必要になる。

グリーンテクノロジーのグリーンビスは、もともと多拠点事業所のCO2算定のためのシステムであったので、この仕組みを自社の拠点だけでなく、取引のある関連事業者に拡げれば、この実測データの管理にも問題なく対応可能であり、スコープ3の計算が可能である。

SDGsBizのご紹介

カーボンニュートラル時代にチャレンジする企業のためのオンラインサロンを立ち上げました。2050年脱炭素実現を本気で信じるなら、自らのビジネスを今すぐ変革する必要があります。会員専用のビジネス用SNSです。脱炭素社会に適応したビジネスについて一緒に研究しましょう。詳しくは下記の案内をクリックしてください。

グリーンテクノロジーは地域の中小企業の補助金申請を支援します。着手金10万円、成功報酬として補助金の10%~20%(難易度による)を頂きます。新規事業、再エネ・省エネ設備の導入をご検討の際はご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。