ローカルビジネスを極める

昨日は、営業支援システムの開発販売をされている会社の訪問を受けた。

グリーンテクノロジーは社長の私が、インターネット技術のオタクみたいなものなので、常にトレンドの最先端のシステムを好んで使っている。

社内の情報共有は、Google Apps とFacebook を利用している。

そして、営業支援システムは Insightiy というアメリカの会社の開発したサービスを利用している。

このサービスは完全に英語版で、日本語化されていない。日本で使っている会社は、うちだけかもしれない。

アメリカ式の営業ノウハウが詰まったシステムなので、むしろ仕事の仕組みをInsightiyに合わせてる。

一昔前なら、商社系のシステム会社がローカライズして売ってもおかしくない。

でも、世界で繋がるクラウドの時代になって、国内販売権は意味が無くなってしまった。

情報システム業界はクラウドの時代になり、グローバル化されて、生き残りが難しくなっている。

まさに、オリンピックの世界である。

 

 

しかし、自分のビジネスを考えてみると、完全にローカルビジネスである。

主に、省エネコンサルタントとして、補助金の申請代行を行っている。

ライバルは、東京に所在し、広告費を莫大に使っている会社である。

グリーンテクノロジーは、電話を受けると、すぐに先方の場所を聞いて、

広島市内なら、「これからすぐに伺う」と答え。

車で3時間以内で行ける場所なら、「明日の10時に伺う」と答えている。

ほとんど、タクシー会社じゃないか。

 

ローカルビジネスは、

お客様に近いことが最大の武器である。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。