丸亀製麺は丸亀にあらず、オール電化はCO2削減にあらず

農林水産省の水産庁の
補助金の実績報告の打合せで
香川県に行ってきた。

香川県と言えば
「うどん県」と名前がつくほど、
讃岐うどんの店が多い。

高松市にも多いが、
丸亀市もうどん屋だらけ。

丸亀市のうどん屋

ただし丸亀市に

広島から東京まで全国どこでもある

丸亀製麺は一店舗もない。

丸亀の人は、
そのお店の存在自体知らない人が多い。

あの店は
株式会社 トリドールホールディングス

という東京の会社の経営だ。

日本国内だけでなく
世界中に進出している

まるがめは外人が発音しにくいので
海外では「MARUKAME」

海外の人は

まるかめ

というところが
うどんの発祥地と
思っているかもしれない。

ところで、

出張中に会社にかかってきた電話は
Facebook‘の社内のグループに伝言して
折り返すようにしている。

高速道路運転中に
電話に出ることはできないからだ。

相変わらず、
SIIからの連絡は「至急」が付いています。

今日電話をもらったところは
コンビニエンスストア―のオーナーで
今年6月に
全面的な省エネ改修を予定しているそうだ。

まだ、
今年度の補助金のスケジュールはわからないです。
採択前に工事することはできません。

と伝えると、

工事の日程を変えることは難しい

とのこと、
スケジュールを柔軟に対応できないと
補助金を獲得することができません。

また、
オール電化にすれば
エネルギーコストが下がるので

CO2削減

と思っている方も多い。

しかし、
電気の単価が下がるだけで
エネルギー消費量が下がるわけない。

是非、当方に相談してみてください。

 

ちなみに博多屋という
広島のラーメン屋も博多にはありませんから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。