ZEB補助金を狙って7億円の総事業費ってありか? 

今日は、広島県から船にのって某メーカーと同行営業

クライアントの空調設備等の工事の概算見積もりが、だいたい2億円とのこと、何か補助金の提案ができないかという 作戦会議であった。

そのクライアントには、某所からZEBの補助金を使って7億円の事業費の提案がされているそうだ。

7億円の3/4がZEB補助金で出るらしい

もともと2億円の予算だったのが、総事業費が7億円になってクライアントも悩んでいる。

7億の3/4が補助金なので、実質は1億7千万

その話を聞いて、
調べてみるけれど、ZEB補助金の補助率は2/3が正しい

7億の2/3が補助金で実質は葯2億3千3百万円

それにしても、
先日も別の案件で7億円のZEB補助金の事業費の話を聞いた。

ZEBの設計は非常に難しく、簡単に見積もりが出るようなものじゃない

しかも、
複数のクライアントに同じ金額の提案?

何かおかしくないだろうか

もらえる補助金の額を聞くとお客さんは振り向く、しかし必要以上のオーバースペックになるのはどうなんだろうか?

そもそも築20年以上の建物に7億円もかける必要があるのだろうか?

数々の疑問が湧いてきたが、新しい制度ができると、それを利用したビジネスが出てくるのは仕方がないこと

しかし、補助金をネタに事業費を膨らませているとしたら・・

我々は省エネコンサルタントとして、工事の仕事を請けることはないので、クライアントに対して客観的な目で提案できると信じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。