世界の温暖化対策が大ピンチ、COP21開催予定のパリでテロ

パリで今月末の、11月30日から
第21回国連気候変動枠組み条約締約国会議
(COP21)の開催が予定されています。

この会議は、世界の国々がそれぞれ目標を決めて、
温暖化ガスを削減していく条約の内容を話し合います。
しかし昨日、

パリで同時多発テロが発生し、

 

死者が150人以上も出ていると報道されています。

詳しい情報はまだ分りませんが、
「イスラム国」が犯行声明を出していることから

フランス全土に非常事態宣言が発令されています。

パリのCOP21では、世界中から要人が
集る予定になっているました。
このままでは、世界の温暖化対策を決める事が
できない可能性もでてきました。

さて、広島は昨日から雨が続き、
市内最大の太田川放水路の河川敷が
水面下に消えていました。
IMG_2187
ここの河川敷は、
普段の休日にはバーベキューや散歩などで
家族連れで楽しんでいる人が沢山います。

こんな風景を見ると、ふと
地球温暖化がどんどん進んでいる
のではないかと不安になります。

原子力発電所の事故以来、火力発電所が主力となり、
電気を1kwh 作るのに何トンのCO2が排出されるか
というCO2の排出係数が軒並み上昇しています。

参考 環境省平成平成25年度 
電気事業者ごとの実排出係数・調整後排出係数等の
公表について(お知らせ)

ここ3年で、太陽光発電のパネルは相当増えています。
しかし、実際にどの程度CO2の削減に貢献しているのか、
変動要因が多すぎてわかりません。

太陽光発電は国全体のCO2削減に
全く貢献しないという学者もいます。

国はCOP21に先立って約束草案(削減目標)として、
今年の7月17日に

2030年年度に温室効果ガスの排出量を
2013年度と比べて26%削減する目標を
国連条約事務局に提出しています。

 

前回の京都議定書は、
肝心のアメリカが国内事情で逃げて、
今や最大の排出国の中国が途上国扱いで、
参加していません。

今回は、絶対にこんな事にならないように、
世界の人々が注目しています。

日本は原子力発電というCO2 削減手法を
ペンディングしています。

だから、これからも、

革新的な省エネ・創エネの新技術を
普及させて行く必要があります。

少しずつパリのテロの詳細が分ってきました。
おそらく、パリの会議は中止になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。