補助金採択の一次試験は決算書って知ってますか

本日は、広島空港7:40発の飛行機で東京に向かう、
ある大手の会社から相談を受けて、
プロジェクトの補助金獲得の作戦会議に参加するためだ。

グリーンテクノロジーは営業範囲を西日本と決めているため、
エリア外の仕事は基本的に受けない。

普段は、山陽道や瀬戸大橋の高速道路をクルマで走って、
営業している。

しかし、
今回はプラント建設の現場が山口県と聞いたので、
相談に乗る事にした。

実は、
数年前まで、案件があれば、全国どこでも出かけていた。
腰が軽い事(行動力)がビジネスの基本だと信じていた。

しかし、

移動時間がロスであり、交通費もムダと感じてもいた。

そこで、

我々の仕事は、信用が一番であり、それは口コミが一番だと考え、
地元で集中的に仕事をして、地域一番を目指す事に方向転換した。

と言えば、カッコいいけど、実際は東京にはライバルが多いので、
同業者の少ない西日本で、民間向け環境技術コンサルタントとして
行きて行く道を選んでいる。

さて、

昨日は、昨年度の
地域工場・中小企業等の省エネルギー設備導入補助金を見直した。

この補助金は、施設設備の導入ができる事が画期的であった。

そのため、
真偽のほどは確かでないが、大手製造業が、すべて段取りして、
下請け会社に
「最新式の生産設備」を買うように指導したという話もあった。

中小零細企業では、
国の補助事業に関する情報を収集する余裕はないので、
噂になって聞いた時には、
公募は終わっているというのが実情だ。

地方の事業者は、役所と言えば県や市町を想定していて、
国の事業に関わりが無いので、
ホームページを見たり、説明会に行く事もない。

県や市町のお役人も、
国の事業(特に補正予算)に関わると、
本来の自分の仕事ができなくなると思うのか、案内すらしない。

そんななかで、
地方で採択を受けるのは、東京に本社がある事業所が多い。

ここだけの話であるが、(たぶん、このブログは消えます)

昨年度の補正予算に人気が爆発した最大の理由は、
実は全く別にある。

それは、
補助金申請につきものである「会社の決算書」である。

imasia_6014568_M

ほとんどの補助金は、会社の経営状態を示す資料を提出する。

補助金の採択の合否は、一次試験と二次試験があり、
一次試験は、会社の決算書が優良でないとクリアできない。
決算書が悪いと二次試験はない。

それを知らずに、頑張って申請書を作っても、意味が無い。

と考えた方が良いだろう。

それが、昨年の補正予算の事業では、提出する義務が無かった。

それが、応募が殺到した理由に違いない。

我々は、過去に200件以上の申請を行っているが、
赤字で採択を受けられたのは1件だけである。

今年度補正事業は果たして、

 

決算書がいるのか、いらんのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。