パソコンが電話になる⇒IP電話2.0を使っています

仕事に最新のIT機器を導入することが大好きだ。
年間100冊ぐらい仕事術や経営の本を読んでいる。
あまり新しいシステムを追いかけるので、社員からあきれられているところもある。

さて、会社の電話はIP電話でパソコンが電話機になるBIZTELというシステムを導入している。

BIZTELでは、普通のオフィスに必要なPBXは社内に必要なく、インターネット上にPBXが存在する。
そのため、世界中のどこにいてもインターネットに繋がっていれば、代表電話から転送された内線電話を受けることができる。

小さな事務所が世界中に点在している会社では、最強のツールになる。
我々の会社もそのような形態を最終形として目指しているので、すぐに取り入れた。

今では、ヘッドホンで電話することが自然な感じになった。もちろんパソコンなので住所録や着信履歴も携帯電話より操作しやすい。

パソコン電話で快適な自分

パソコン電話で快適な自分


これは、ビジネスフォンについて良く知っている人が聞いたら画期的な仕組みだ。
しかし、自分も前の会社にいたときは、当たり前のようにビジネスフォンを使っていて、それが、とても高価なシステムで、オフィスのレイアウトを変えて、内線番号を変更するだけでも専門業者にお金を払わなければできないものだとは全く知らなかった。

自分が会社を経営するということは、全てのことに関わるので、許される範囲(経済的に)で他社の見本市になるようなオフィス環境を目指している。

もちろん、省エネや省資源のツールもいろいろ導入しています。

2 thoughts on “パソコンが電話になる⇒IP電話2.0を使っています

  1. kawasaki

    お久しぶりです。
    以前、お世話になっていました。東京に引っ越して、3年半です。

    パソコン電話!社長のこだわりが、以前から変わってなくて嬉しいです。
    カメラも搭載されてるんですか?

    とても気持ちのいい場所にあるオフィスですね。
    窓からの眺め、新緑、最高です。
    うしろにあるロッキングチェアーみたいなのも気になります(笑)

    4/15で掲載のオフィスの写真、とてもオシャレで羨ましくなりました!

  2. morishita Post author

    川崎さん、お久しぶり。
    今もあのときの仕事を続けています。東京には月一回は出張しています。
    東京支店ができたら、ぜひまた来てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。