最も補助率の高い省エネ補助金はZEB補助金

省エネ補助金は、
環境省系と経産省系の大きく二つに分かれる。

そのどちらも、
照明設備については、補助対象外になった。

10年前から、
省エネ補助金の設備で最も多かったのは、
蛍光灯からLED照明への更新であった。


事務機器のメーカーなど、
法人営業のある会社でもLED照明を補助金付きで売ってきた。

ところが、
LED照明の価格は、
最初のころに比べると1/5ぐらいで、

明るさなどの性能も蛍光灯とほとんど遜色もなく、
新築案件はLEDが当たり前、

今や、補助金を貰えなくても、
LED照明に改修するのが常識である。

未だに、LED照明の更新提案に、
費用対効果とかの資料を求めるクライアントも存在するが、

私に言わせれば、
そんなことは自分の頭で考えろ。

と言いたい。

蛍光灯は水銀の問題もあって生産中止

になるのだから。

ところで、
表題の最も補助率の有利な省エネ補助金について、

SIIのエネルギー合理化の補助金で、
BEMSを導入して、エネマネ事業と契約すれば、
補助率が1/3から1/2にアップされるというスキームで、

エネマネ補助金

が最も有利とされてきた。

ところが、

レジリエンス強化型ZEB支援事業

では、ZEB化に取り組む新築および改修工事に2/3の補助金が出る。

国は、建築物の断熱性能の向上に積極的に取り組む方針だ。

日本の建物は、設計段階から、イニシャルコスト(建設費)を重視し、ランニングコスト(維持管理費、エネルギーコストなど)を軽視してきた。

公共工事などは、
入札で建設費の安い業者に発注するので、
当然省エネ性能は無視されてきた。

ところが、空調設備が当たり前のようになった現代では、断熱性能が悪ければエアコンの負荷が高く、電気代もかかる。

これからの省エネ補助金は、省エネ機器の導入に加えて、太陽光発電、断熱改修をセットにしてZEBを目指すのが最も補助率の高い事業となる。

グリーンテクノロジーはZEBプランナーとして

ZEB補助金の申請を支援しています。

関西から九州まで、
どこでも行きますので、
ご連絡お待ちしております。

参考

令和元年度(補正予算)二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金
(激甚化する災害に対応した災害時活動拠点施設等の強靭化促進事業及びエネルギー自給エリア等構築支援事業 )
レジリエンス強化型ZEB支援事業

http://www.siz-kankyou.jp/2019hoseico2_202003041032204.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。