MEMSアグリゲータが二次募集を開始している

SII(環境共創イニシアチブ)のホームページのお知らせを毎日見ている。

それは、エネルギー使用合理化事業者支援事業のニュースを早く知りたいからだ。

 

そもそも、補助金の公募期間は突然始まり、1か月ぐらいで終了する。

 

本日は標記の案内が掲載されていた。

 

なんと広島では説明会さえ開催されない。

東京、大阪、福岡の3か所である。(マンションの多いところらしい)

 

ちなみにMEMSアグリゲータとはマンションにスマートメーター(もどき)を設置する事業者です。

 

ついでに言うと、マンションを一括受電にして、電気代を安くするサービスが人気です。

いつも、私は自治体や地元の企業に次のことをお話ししている。

景気対策や省エネ事業は、地方自治体は蚊帳の外である。

国の直轄事業になっている。だから、東京に事務所のないローカル企業は参加できない。

 

こんなことなら、いっそ都道府県もいらない。

 

ビジネスの世界ではとっくにそうなっている。

 

東京の本社が日本を動かしている。
IMG_0821[1]
野立ての太陽光発電所がどんどんできてます。50kwの低圧は個人の資産運用にも最適です。しかし原発の再稼働で来年度の買い取り価格はどうなる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。