補助金申請はギャンブルか

      補助金申請はギャンブルか へのコメントはまだありません

人は、利得より損失を嫌う

例えば、コインを投げて

表がでれば10万円もらえる
裏が出れば8万円支払う

というギャンブルがあるとする。

チャレンジできるのは1回限りだ。

この場合、ほとんどの人が
やりたがらない。

それは、
統計的には得することが
分かっていても、

一回しかできないなら
自分が
損することを考える。

人は損失を恐れる。

補助金の申請についても

採択率が40%しかない場合

時間をかけて
申請書を作る作業は
時間と労力=お金 を失う。

不採択になり
負ければ、損をする。

得るお金がなければ
時間と労力のムダ

と考えるだろう。

でもこれは、
一回しかチャレンジできない場合だ。

国の補助金は無数にあり、
毎年、形を少し変えながら
同じような補助金を出している。

それは、
理想とする国家を作るための
経済的な手法だからだ。

金銭的なインセンティブを
与えることで、人や企業を動かす。

税金の世界でも行われている。

話を補助金に戻すと

申請に係る労力と時間を
20万円くらいの労働価値とすれば、

採択されれば、100万円
不採択なら、20万円の損

で採択率は50%とすると

何回も続けると
確実に儲かる。

たとえ
一度不採択になっても
挑戦し続けられれば、
確実に得をすることは間違いない。

今年度の生産革命のように
100%採択される補助金もありますから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。