宇部新電力会社協力事業者等の募集

宇部市のホームページに
(仮称)宇部新電力会社協力事業者等の募集
スクリーンショット 2016-03-18 8.27.55

が掲載されている。

グリーンテクノロジーは

平成25年から
宇部市のスマートコミュニティ事業
に関わってきた。

しかし、それはあくまで、

計画立案・調査のコンサルタントとしてである。

これまで、
様々なエネルギー関連事業を提案してきたが、
マスコミや新聞報道の常識から抜け出ることは難しく、

新電力から安い電気を買う
というスキームに頼ってしまう。

経済産業省は、電力小売の自由化で
安い電気が買えるような錯覚を与えている。

これまでの、
地域独占の競争のない状態は異常である。

しかし、

新電力が電力会社より安い電力が作れるか?

例えば、
環境対策をしない石炭火力発電所ができるなら
既存電力会社より、安い電気が作れるだろう。

それは、現実にはあり得ない。

そして、
固定買取制度の上での自然エネルギーであれば、
仕入れ価格は同じである。

新電力は、太陽光発電の電気を既存電力より、
1円高い値段で買い取るという商売をしていた。

利幅の薄い難しいビジネスである。

日本ロジテック協同組合の破綻が象徴的だ。

 

電力事業に参入するならば、

発電事業しかない。

なぜなら、
それ以外の事業では
地域に新たな雇用を生まないからだ。

そして、発電事業は全量買取が保証されるなら、
スケールメリットに関係ない場合もある。

それ以外の仲介業やポータルサイト運営などは、
スケールメリットが効くので大手にかなわない。

実際のところ、
太陽光発電は

低圧の50kwhの発電所で十分に採算が取れている。

 

小規模でも採算が合えば、持続可能な事業になる。
売り先が決まっているので、営業が必要ない。

太陽光発電は買取価格が下げられたので、
厳しくなったが

バイオマス、地熱、小水力はまだまだ可能性がある。

これらの事業は、
地元企業が有利な条件も多い。

小規模発電事業こそ、地域創生の切り札だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。