低炭素機器導入事業 第1次公募結果の考察

LEPC
 一般社団法人
低炭素エネルギー技術事業組合

の低炭素機器導入事業の
一次公募の結果が発表された。

これは

CO2削減ポテンシャル診断

を受診された事業所のみが
チャレンジできる補助金である。

診断事業は、
基本的に一企業3事業所まで
(昨年は5事業所)応募でき

ほぼ確実に採択される。

しかし、

設備導入の補助金である
低炭素機器導入事業の方は
そんなに簡単には採択されない。

今回は
応募件数56件で採択は39件

採択率 約70%

一見、
採択率が高いように感じられるが
これは、昨年の採択実績で

CO2削減率30%以上でないと
採択されない

という事実が知られているため

削減率が小さい案件は応募されない

という背景があるためだ。

CO2削減率を
全体の30%以上にするためには

自家消費するための再エネ設備の導入

が必須であると思われる。

LEDやエアコンだけの更新では
30%削減は難しい。

審査項目は

となっており、
点数の高い順に機械的に採択される。

となると、

CO2削減量

が最も大きなウェイトを占めているので
規模の大きな施設が有利

費用対効果の面でも小規模施設は
不利になる。

加点項目についても

燃料転換対策

再生可能エネルギー導入

電力切替

が20点となっており、
どれか一つは満たしておくことが必要だ。

最も簡単なのは
CO2排出係数ゼロの電力会社に切り替えることだ。

https://ne-greena.jp/index.html

電気代も既存電力と変わらないそうだ。

補助金の採択は、

確率ではなく
どの条件をクリアすれば良いか

ということが重要であり、

採択結果を分析して、
対策を考えなければならない。

実際には
結果だけしか公表されないので
情報収集に取り組む必要がある。

採択結果URL

http://lcep.jp/download/h30/setsubi/h30kiki_saitakulist01.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。