平成28国土交通省の住宅関連の省エネ補助金は?

経済産業省と並ぶ省エネ補助金の
出どころは国土交通省である。

国土交通省の住宅関連の
平成28年度の予算書を読んでみた。

注目すべき見出しは、

豊かで利便性の高い地域社会の実現

 

そこでは、次の二つのことが書かれている。

(1)人口減少等を見据え、既存施設の集約・再編、
地域の公共交通ネット ワークの再構築等により、
「コンパクト+ネットワーク」を形成。

(2)子育てがしやすく、
子どもから高齢者まで豊かに暮らせる
生活環境の 整備を促進。

はじめに、

 

(1) 「コンパクト+ネットワーク」の実現等

 

そして、その解決策は「コンパクト+ネットワーク」。

コンパクトシティと言う言葉は、
人口減少を受けて、数年前から言われているが、
現実に、今動いている事業は、
20年以上前に自治体で計画されたものである。

広島市には、
新交通システムのアストラムラインを延長して、
将来的に循環路線にする計画がある。

しかし、
これも完成予定は平成40年~平成50年になり、
その頃の広島市の人口を考えると、
できたころには乗る人がいないかもしれない。

すでに人口減少は、見えていることで、
コンパクト化を目指すしかないが、
広域化の事業を続けているならば、

破綻は確実である。

この路線図を見ると、悲しくなる。

遅すぎるんじゃい。

平和大通りが、いつまでたってもバスしかないから
事務所を横川に引っ越したんです。
アストラムラインの計画

アストラムラインの計画

つぎに、

 

(2)地域と暮らしの魅力の向上

 

この中の、4つ目の項目(d) に省エネ関連の予算が出てくる。

(a)空き家対策の推進、既存住宅ストックの流通促進
[327 億円 ]
(b)高齢者等の居住ニーズを踏まえた安心な住まいの確保
[438 億円 ]

(c)子育てや高齢者、障害者等に配慮したバリアフリー化等の推進
[21 億円 ]

(d)省エネ住宅・建築物の普及
[322 億円]

(d)のなかみは、

新たなエネルギー基本計画を踏まえ、
新築住宅・建築物の 2020 年度までの省エネ ルギー基準への
段階的な適合に対応した省エネ住宅・建築物の普及を促進する。

中小工務店による省エネ性能等に優れた
住宅・建築物の整備等に対する支援

先導的な省エネ住宅・建築物の整備や
省エネ改修、省エネ診断・表示等に対する支援

・ 省エネ住宅・建築物の整備のための設計・施工・審査に係る
講習会等の実施の支援
この内容では具体的な事業は分からない。

国土交通省の資料だけは、
他の省庁と書き方も異なっており、
大枠の予算しか書いていないので、
具体的な事業名はわかりません。

今後、特に「中小工務店による」という言葉が
使われてる意味を探ってい行きたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。