ITベンダーはIT導入補助金でビジネスチャンスをつかめ

昨日お伝えした。

IT導入補助金

政府は、
アベノミクスで大企業が儲かる
施策を打ち出していた。

これはトリクルダウン理論

富める者が富めば、貧しい者にも自然に富が滴り落ちる(トリクルダウンする)」とする経済理論または経済思想

がベースになっていたわけだが、

大企業が潤っても内部留保が増えるだけで
中小零細企業には恩恵がない。

ようやくそのことに気づいて

日本の80%以上の人が働いている
中小零細企業向けの補助事業に予算が増えている。

中小企業・小規模事業者の生産性が低いのは
IT導入ができていないことが要因だ

という報告書が発表され、
IT導入に大規模な補助金が導入される。

 

この補助金の補助率や上限金額などが
本日明らかになった。

 

ちょっと待てというくらいしょぼい。

IBMとかNECの大手ITベンダーは
今まで、役所とか銀行とか

億の仕事

しか興味がなかった。

しかし、中小企業のIT導入費用は
マックス1千万円くらいで
普通は100万円以下だ。

大手は、
小口の顧客に対応することは
できないだろう。

今回は基本的に間接業務の効率化で
サービスの使用料も含まれる。

 

 

 

ここは中小のITベンダーの
ビジネスチャンスだ。

ただし、
役所相手の報告書を書いた経験がない
会社だと、その煩雑さに辟易する。

そんな時は

グリーンテクノロジーと
コラボしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。