エネ合の実績報告のときは、電力計測が必要になってきました。

グリーンテクノロジーでは今年度のエネルギー使用合理化事業者支援事業(昨年8月採択)の実績報告書の作成が佳境を迎えています。

 

ここで、これまでになかったご指摘がSIIからされています。

 

省エネ設備の導入効果を計測して報告することです。

 

補助事業では工事完了後に、一定期間のエネルギー消費量を記録して、省エネ効果を確認してから確定検査に進むことになっています。

 

これまでの実績報告では、全体の電力使用量で十分でした。しかし、今回から、更新した設備区分ごと、フロアーごとに計測しなければならないとのこと。

 

計測システムが補助対象になったのも、これが理由とのことでした。

 

もともとグリーンテクノロジーはエネルギー計測システムの開発販売をやってきたので、なんとか対応できています。

 

しかし、エネルギー計測のノウハウのない申請代行業者は困っていると思います。

 

グリーンテクノロジーに相談してください。

いい方法を教えます。

格安の計測キットもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。