電力料金は、どうしてこんなに複雑なのか、業界の闇がそこにある

本日は、
広島県の尾道の工業団地
「ベイタウン尾道」のエネルギー戦略構想の
委員会に参加した。

といっても、
我々は事務局で
調査結果を説明する立場である。

メンバーは組合に属する企業の経営者

電力自由化の前までは、
電力の調達先は決められているので、
比較検討する余地がなく、

料金の仕組みについても、
ほとんど関心がなかった。

今回の委員会は全5回の4回目
参加メンバーは皆、
電力料金の仕組みに詳しくなった。

中国電力の業務用の電気料金は
普通の人には理解できないほど
複雑な仕組みになっている。

どんだけ

どんだけ

参照 中国電力ホームページ

http://www.energia.co.jp/elec/b_menu/h_volt3/pricelist_gyoumu.html#5

普通は自分で、
どんな使い方をしているのか
良くわからないので、
どれを選択すべきか決められない。

だから、

電力会社に聞くしかない

結局、
言いなりになるしかない。

ココだけの話、

大口契約の需要家には

特別価格が提供されている

という噂がある。

その顧客は

「あなただけは特別の価格にするから、
他の人に値段を言ってはダメですよ。」

と言いくるめられているらしい。

まるで催眠商法だ。

催眠商法とは

「あなたは特別な存在です。」

と言って、騙す詐欺商法のことです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。