省エネ・生産性革命とエネ合どちらに申請すべきか

今年度の補正予算は、

中小企業等の省エネ・生産性革命投資促進事業

となっており、省エネ設備への更新に対して

設備費の1/3の補助金

 

となっている。

エアコン、LED,ボイラーなどの
定番メニューが対象である。

しかし、工事費は出ないので、

実質は1/6の補助金

 

昨年のA類型は、先着順で、空くじなし

の前評判だったので、応募が殺到した。

しかも、中小企業は設備費の1/2

対象機器はなんでもOK。

今年度は、いかに?

 

 

発案している経産省も、どのくらいの人気になるか

見当が付かないと思う。

少なくとも、
FEMSの1/3は以前も類似の補助金があった。

人気薄で、残金を国庫に返したと記憶している。
5月には、本予算のエネ合を控えているので、

規模の大きな事業は、そちらに行くだろう。
しかし、今回は、申請手続きが簡素化されるらしいので、

1,000万円以下の案件なら
生産革命で申請すべきじゃないだろうか。

でも、経験上、
中小企業は1/6の補助金には飛びつかない

中小企業のオヤジはモノづくりの2/3の補助金を知っているから、

自分の金が半分以下にならないと色めかない。

 

さきほど、ヤンマーの方が、カタログを持ってこられた。

12647495_948886648530834_6158994510580742183_n

ガスコージェネはガス会社が協力すると
魅力的な提案ができるらしい。

SIIからの公募は10日前後に出るらしいです。

4 thoughts on “省エネ・生産性革命とエネ合どちらに申請すべきか

  1. http://www.plans.imahillbilly.com/

    We fully appreciate your site post. You will discover so many methods we could put it to good use by means of minimum effort on time and hard earned cash. Thank you very much with regard to helping make this post respond to many queries we have experienced before now.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。