電力会社の動きから新しいビジネスチャンスを考える

中国電力とイズミの提携の内容が、すこし詳しくわかってきた。

新サービス「ゆめタウンメニュー」概要

* 毎月の電気料金に応じたポイントが通常の1.5倍
* 通常のポイントに加え、イズミのクーポン等の進呈
* 貯めたポイントと、電子マネー「ゆめか」や「商品券」との交換

ポイント交換レート
1ポイント⇒「ゆめか」1円、500ポイント⇒「商品券」500円

中国電力のweb会員になると、
買い物のポイント(おそらく100円で1ポイント)が1.5倍になる。

これだと、

電気をたくさん使った家が得をする仕組みになっている。

ここ数年、経産省が肝入りで進めた
ディマンドレスポンスのアグリゲート事業の正反対である。

ディマンドレスポンスは、節電したらポイントもらう制度だった。

国が新しいビジネスを補助金で創ろうとしても、
大概、うまくいかないもんだ。

莫大な予算を使ったスマートコミュニティの社会実験は

大失敗だ。

結局、

既存の電力会社は、

電気をより多く使ってもらうことでしか利益を出せない。

私は、以前から、

もし、家の外に付いている電気メーターが、
家の中についていれば、人は自ずから、電気を節約してしまう。

 

と主張している。

考えてみてほしい。

もし、
タクシーのメーターが、お客さんの見えないところに
付いていたら、気持ち悪いです、乗る人いないでしょう。

mzl_eolbwlql_320x480-75

※10年前に行ったマレーシアのタクシーはメーターがなく、
乗る前の交渉で値段が決まりました。

伝統的な寿司屋が廃れて、
「回転ずし」が主流になったのは、単に値段が安いからじゃなく、
明瞭会計ということも一理あるハズ。

いずれにしても、

自由化になって電力会社が考えること
は、
もっと電気を使ってもらうサービスだ。

ならば、新参者の電気事業者は、スマートメーターをリアルタイム表示して、
電気代を節約し、お客様が得になるサービスを考えたらどうか。

家庭の電気代を1万円から8千円にするサービスを提供できれば、
顧客は年間2万4千円の節約、10年で24万円のお得になる。

これは、
不在時の電源オフと断熱による空調負荷の低減で可能だ。

家電製品がすべて、

スマホでOn-Off できれば、電気代は2割削減できる。

外出時に、家の電力メーターが読めたら防犯にもなる。

国を挙げて、
IoTを推進している。
いろいろな規制が撤廃されて、家電の遠隔操作も実現できるだろう。

できる、できないの可能性の議論は別にして、

電気を定額で使い放題にして、

節約した分だけポイントが貰えるサービスはできないだろうか。

グリモニ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。